不安気な男性

受診後高血圧の診断を受けたら薬とは違う食材で改善

病院で健康診断や人間ドックを受診した際に高血圧という診断を受けた場合は医者から処方箋が配布され、最寄りの調剤薬局で処方薬を手にすることになります。
しかし、一般的な風邪薬などとは違い高血圧の薬というのは身体の仕組みを薬効により変化させるという特徴があります。
そのため、通常すぐに大きく変化することがない血圧に変化が起こるようになるのです。
ただし、変化させることが難しい点をすぐに様子を変えるということは、それだけ大きなダメージが身体に生じてしまうことになります。
こうした点から、たとえ薬を飲むことをやめたとしても、いつまでも元来の体調が戻らず軽い副作用の症状が続いてしまうというケースもあります。
そこで、高血圧を予防したり解消させる目的として良い効果が認められている食材を把握し、日々の食卓に並べるということも効果があります。
まず、タンパク質を多く含んでいるものを好んで食べるようにしてください。
多くの食材にタンパク質は含まれているのですが、特にたくさん配合されているのは魚や卵、牛乳や大豆が挙げられます。
中でも、高血圧の予防と改善に著しい効果があると言われているのがDHAとEPAです。
DHAとEPAの2つには血管壁を柔軟にする作用があり、拡張しやすくなります。
こういった効果により、血液が健康体のように円滑に流れるようになり、高くなっている血圧を下げることができるのです。
大豆製品はとりわけて良い働きをすると言われており、血栓を溶かすことができる上に血液の粘度も低下させられます。
最も簡単に大豆の栄養素を摂取する方法は納豆なので、食卓に必ず納豆を出すように心がけると良いでしょう。
安価なので毎食時に食べても金銭的な負担にはなりません。