仕掛け方で失敗することもねずみ駆除成功への秘訣

家の中に害をもたらすねずみを駆除するアイテムは、お店でたくさん売っていて誰でも簡単に使用できる便利さがあります。

でもあまり変化がなく、また出没してしまう場合は何がいけないのでしょうか。とても敏感で、異変を察知すると警戒するようになります。ねずみ駆除は長期戦になることも多いですし、アイテムは複数個所に設置することがまとめて退治するためには欠かせません。いつも餌場まで通っているルートに、見かけないものが置いてあるとしばらく通らなくなり、慣れてくると以前のようにまた通るようになるので、それまでは設置したアイテムを動かしたりせず、そのままにしておく必要があります。

市販されている毒エサを仕掛けた場合には、即効性がなく食べてから3日程度経ってから効果があらわれはじめます。粘着シートは、しっかりと通るルート上におかなければ意味をなさないため、ラットサインと呼ばれる痕跡を探して設置を行っていきます。ラットサインとは糞や尿の痕、壁や柱などについた汚れなどで判断します。死骸を見たくない場合には、超音波発生装置や忌避剤を設置して家から追い出すようにします。

追い出した後そのままにしておくとまた来る可能性があるため、侵入口を塞ぐ対応が不可欠です。金網で塞ぐ場合には1cm以下の網目のものを使わないと意味がなくなってしまいます。壁の壊れている部分には、パテ盛して完全にふさぎます。ねずみ駆除はアイテムの使い方を把握して、気長に取り組むことが成功の秘訣です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です