鼠駆除の方法や被害について

ネズミは、放置しておくと大増殖をすることがあります。

そのままにしておくとダニやノミの発生や火災の原因、病気の原因になる事もあります。屋根裏や天井に居るとわかった時にネズミ駆除をすることがトラブルの予防になります。ネズミは、夜行性のものがほとんどで人間が寝ている夜間に活動をします。ネズミの前歯は、伸び続けるために硬いものをかじって伸びすぎないようにする習性があります。このことは、屋根裏などの電気配線や柱などが傷つき火災などの原因となります。ネズミの糞尿や増殖は、ダニやノミの大発生に繋がり様々な病気の原因にもなります。

鼠駆除をするには、ネズミの特徴を知っておく必要があります。学習能力があり警戒心が強く、環境にも適応しやすい生き物です。また、繁殖力も強く一度に6匹ほどを産み、数週間で産むようになります。集団行動をすることが多く、移動の時は、物陰にそって隠れるように移動をします。また、雑食性なので食べられる物なら何でも食料になります。ネズミの被害を防ぐには、食料となる物を与えない事、侵入経路を塞ぐ事、巣の材料となるものを放置しない事が重要になります。鼠駆除には、いくつかの種類があります。

忌避剤、スプレータイプ、燻煙、設置タイプなどそれぞれに効果や持続日数に特徴があります。この他にも鼠駆除には、超音波、捕獲や業者に依頼するなどがあり被害の大きさやネズミの数により方法を選ぶことが重要です。しかし、ネズミをすべて駆除をするには素人では限界があると思われます。大事な家財などを守るためには、専門の鼠駆除業者に相談するのも良いかもしれません。
超音波でねずみ対策のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *