カラス駆除には、まずカラスを寄せ付けないことが大事

カラスの駆除に困っている方は本当に多いと思います。

ハクビシンやネズミなどは比較的、山が多い地域にたくさん生息しているのに対し、カラスは都会でも田舎でもよく見る鳥だからです。食べ物が見えればすぐ漁りに来ますし、強いので突かれるのではないかと少し怖いイメージもあります。縄張り意識が強く、半径20mから100m圏内に近づくと攻撃を受ける恐れが出てきます。カラス駆除は、繁殖時期と、子供が巣から旅立つ時期は危険なので控えましょう。鳥を守るための鳥獣保護法というものがあり、カラスを捕獲するためにもこの保護法の許可が必要です。カラスは、その行動によっては有害鳥獣となるので、捕獲できる可能性もあります。

カラスが来そうな場所に罠を仕掛ける方法が一番有効かと思われますが、カラスは頭が良いので気付かれない様に注意しましょう。雛や巣を撤去することで根本的な改善に繋がっていきます。カラス駆除のためにCDをぶら下げたり、近づくと光が点滅するなどの対策をとっている家をよく見かけます。学習能力のあるカラスでも、不規則な動きは予測がつかず効果的であると言えます。カラス駆除の専門業者がいるので頼んでみるのも良いです。場所や方法によっても金額は変わってくるそうですが、悩んでいるよりは良いです。カラスが来なくなるようにするために、家の外に残飯を放置したりするのはやめましょう。巣が作りやすい環境も、カラスが飛んできてしまう理由です。あまりにもカラスが多い場合には、自治体に相談するなどしましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *