鳥獣保護管理法が阻むカラス駆除

町に暮らしているのは、人間ばかりではありません。

ねずみやゴキブリなど、あまり好ましくない生き物も棲息しています。中でもカラスは、極めて厄介な存在です。ゴミを食い散らかし、子どもやペットを威嚇し、人間を恐れる素振りも見せません。鳥インフルエンザの感染を心配する声もあり、しかも個体数は増える一方です。これほどまでに迷惑な生き物であるにもかかわらず、カラス駆除は法律で禁じられています。鳥獣保護管理法に基づけば、すべての野生鳥獣を処分することは、一切禁止です。それどころか捕獲さえも許されませんで、捕まえて移動させることさえできないのです。そのため、人間はカラスに対して、消極的な態度に終止するしかありません。

鳥よけやネットをかけて、寄り付かないように願うしかできないのが現状です。業を煮やして無理やりカラス駆除を行っても、罰せされるには人間だけですから、あまりにも割に合いません。たとえ被害を受けて役所に申し出ても、自己管理を要求されるだけです。そうなる前に、専門家を交えて対策を打っていきましょう。カラス駆除と同等の効果を持つツールなどを用いて、寄り付かないようにしてくれます。同時に、巣と卵の撤去も実施されますから、個体数の抑制という面からも有用です。カラスは賢く、生半可な対策では、かえって被害が拡大することも少なくありません。必ず専門家の力を借りて、習性を利用した有効策を実行していきましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *