カラスの性質を利用したカラス駆除

カラスは、とても学習能力が高い鳥で、かつ、集団で行動するために安易なカラス駆除方法は見透かされて効果がありません。

そして、雑食性の鳥なのでゴミ捨て場の生ごみでも食べてしまい、ゴミ捨て場が汚く衛生面で問題が生じることがあります。このようなカラスですが、臆病な性質を有する鳥でもあります。この臆病な性質に着目した対策を行っていくのが効果的です。ただし、鳥獣保護法で保護されている鳥でもあるので、巣に卵やひながいる場合は、捕獲の許可権者から許可を得てカラス駆除を行う必要がある点には留意しておく必要があります。許可権者については、基本は都道府県ですが権限が市町村に移譲されている場合もあります。では、具体的なカラス駆除の方法を検討していきましょう。

まず、強力な光を長距離当てることができる強力レーザーポインターを活用し、カラスの目に光を当ててやる方法です。カラスの目は強い光を苦手としているため、強力なレーザーが当たると恐怖して逃げていきます。そして、臆病なのでその場所には帰ってこないという習性があります。まずこのレーザーポインターを活用して光を照射してみましょう。

また、自宅の庭等での駆除を考える場合、水の強力噴射装置を設置する方法もあります。カラスの体が水に濡れることを嫌う性質を利用して水の噴射を当てて駆除するという方法です。やはり、恐怖を感じてその場所に帰ってこなくなります。レーザーポインターの方が手軽で場所を選ばない対策ですのでまずは、レーザーポインターを試してみるとよいでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *