超音波を用いたねずみ退治器具の利点

わなや殺鼠剤を用いたねずみ退治では、まだ生きているねずみを殺したり、死んでしまったねずみを処分する必要がありますが、超音波を用いれば、そのような必要はありません。

それは、音でねずみを追い出すことを目的としているため、いつの間にかねずみがいない状態になるからです。超音波を用いたねずみ退治器具の仕組みは、基本的にはねずみの嫌いな音を出すことで、ねずみを追い出すようになっています。ねずみの嫌いな音といっても、人間にも聞こえる周波数ではうるさくて仕方ありませんから、人間に聞こえない高い周波数の音、即ち超音波を用いています。

この方式の利点は、ねずみが嫌いな音に反応して家から出ていくために、ねずみを殺したりする手間がなく、器具を設置するだけでねずみ退治をすることができるという点です。しかも、ねずみがどこにいるのか分からない状態であっても、音波ならば壁の中や天井裏などにも届きますから、邪魔にならない場所に設置しておけばよいという点です。

また、殺鼠剤を用いてねずみを退治しようとすると、毒のあるエサを取り扱うので、手袋をして扱う必要がありますし、小さな子やペットなどが誤って食べないように気を付ける必要がありますが、超音波を用いた方法ならば、そのような不安もありません。但し、ねずみは嫌いな音であっても、同じ音を聞き続けていれば慣れてしまいます。こうなると効果がなくなりますから、超音波を用いたねずみ退治器具の多くは、ねずみの嫌う音を複数発振できるような仕組みになっているものもあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *