ネズミ退治後も安心してはいけない侵入経路を塞ごう

ネズミは騒音をたてるだけでなく、家の中にある食べ物を食い散らかしたり、糞尿をして不衛生にする、ダニやノミ・菌をまき散らすこともあります。壁などをかじって穴をあけるため建物の耐久性に影響を与えるほか、電線をかじって火事を引き起こす懸念もあります。時期によっては1匹だけではなく複数匹いることもあるため、確実にネズミ退治できる方法を選択するべきです。ネズミの死骸を見たくない場合は忌避剤を用いる方法があり、天然ハーブなどで嫌がるにおいを出す配合が行われています。

煙を出したりしないので環境にも優しく、有効性があります。超音波装置を用いてもネズミが逃げだし、死骸を見ずに済みます。餌の形をした殺鼠剤も食べてすぐに死ぬ訳ではないため、上手くすれば死骸を見ずに済みますが、どこで亡くなるか分からないというデメリットがあります。姿を見ても大丈夫な人は捕獲機や粘着性のあるシートを利用すると確実性が高くネズミ退治を実行できます。

新たなネズミの侵入を許さないために、通り道などになっている穴を塞ぐことも大切です。時期が経過すると、仲間が侵入してくるようになることがあるためです。駆除後に糞尿が合った場合吸い込まないようにマスクをつけて掃除を行い、殺菌しておいた方が安心です。一通りのことを自分だけでできない時には専門業者に依頼したほうが、侵入経路の確認からネズミ退治、掃除や消毒までトータルして請け負ってくれることが多いです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *