ネズミ退治の方法の種類 自分でできない場合は業者に

古今東西で貯蔵した農産物を食い荒らし害をもたらす動物として忌み嫌われているネズミですが、現代でも厄介な存在です。ただ食料に被害を与えるだけではなくあらゆるものをかじる習性がありますから、木造家屋などでは柱などに深刻な被害をもたらすことがありますし、電話や電気の配線をかじるとショートや火災の原因にもなります。また糞や尿をまき散らすので衛生上問題があり、それ以外にも病原体やダニを媒介したりします。昔からあるネズミ退治の方法として猫を飼ったりすることがあり、ある程度は被害を抑えられる可能性はありますが個体ごとによってネズミを捕る能力は違い、またネズミの繁殖力も大変高いですから完全な方法ではありません。

ですのでネズミ退治をしようとするとやはり害虫や害獣を駆除する専門業者に依頼することが近道となります。ただし当然料金がかかり、その後しばらくすると再び繁殖して被害をもたらす可能性もゼロではありませんから、どうしても出費を抑えたい場合には自分でネズミ退治を行うことになります。ネズミが嫌がる臭いのスプレーを出現するポイントにかけたり、エサでおびき寄せてワナや強力な粘着シートで捕獲したりする方法があります。その他遅効性の毒薬をエサに混合し棲み処で集団を一網打尽にするやり方もありますが、自分で行う場合はネズミの死体を自分で片付けなければならず、心理的にどうしても抵抗がある場合にはやはり専門業者に頼むことがベターと言えます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *