害獣駆除の種類と被害実例

害獣駆除の害獣とはどのような動物のことを表すのでしょうか。一般的に多いと言われる害獣には4種類の動物がいます。ハクビシンは体長約60cm前後のネコ科の生物です。ハクビシンは木登りが得意な性質を持つので、民家の屋根裏などに容易に住み着きます、具体的な被害例としては夜中の足音の騒音や、排泄される糞尿などにより天井が腐ったり病原菌を繁殖する悪害です。

アライグマは近年急激に被害を拡大している、外来動物です。可愛い見た目とは反対に、非常に凶暴な面を持っているのが特徴です。糞尿被害やダニの繁殖、住宅の断熱材の破壊などです。アライグマは繁殖率の高い動物のため、対策が遅れると甚大な被害に繋がる可能性があるので早急な対策が必要です。

これらの害獣は都会では中々見かけることはありません。都会でも被害数が多い最も身近な害獣がネズミです。俊敏で運動能力が高いので、いとも簡単に小さいすき間から入り込むことが可能です。屋根裏や冷蔵庫の裏やタンスの裏などに住み着き、様々な被害を及ぼします。

何でも食いちぎる性質があるので、食品はもちろん配線やブレーカーなどにもかみつくので注意が必要です。これらの被害を見つけたらプロの害獣駆除業者に早めに相談することが大切です。害獣駆除被害が本格化する前に対策をすることで、金銭的にも精神的にも安心して毎日を過ごすことができます。多くの害獣駆除業者では事前に一括して見積もりを提示してくれるので、信頼の業者を見つけて依頼することが早期解決の近道といえます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *