モグラの害獣駆除と被害

土の中を縦横無尽に移動するモグラは畑の農作物や民家の庭を荒らします。モグラは昆虫の幼虫や、ミミズを食料とし、水捌けのいい場所に住み着きます。モグラは食事量が多く、数日何も食べないと餓死してしまう性質を持っており、餌を探し回るのです。家庭菜園やガーデニングを行っている場合はモグラの被害に遭いやすいので、注意してください。

土がボコボコと盛り上がっていたら、モグラがいるサインですので、害獣駆除を検討してください。モグラは農作物を直接食い荒らす訳ではなく、畑にとって重要なネズミを根こそぎ食べてしまうので、土が痩せてしまうのです。また、地中で育てる根菜類もモグラによって傷つけられてしまいます。地中に根を張るスペースに空洞が出来てしまう為、農作物が育たなくなってしまうのです。

排水路、田んぼ等でトンネルを掘られてしまうと、水漏れの原因にもなりますので、害獣駆除の業者に相談してみてください。畑をトンネルだらけにされてしまうと、足を取られて怪我をする危険性もありえます。モグラは目が退化している為、視力はほとんどありませんが、その代わりに嗅覚が発達している害獣です。モグラ対策として、モグラが嫌う匂いを散布する等の方法もありますが、一度住み着かれてしまうとその方法もあまり有効では無くなってしまいます。

モグラが侵入しないように、地中に網を埋める方法もあります。普通ではあまり馴染みの無いモグラの害獣駆除、確実に撃退をするならモグラ退治のプロの依頼をしましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *