使用済みの貴金属もブランド買取店で買い取ってもらえます。しかし、財布や鞄とは査定方法が違うため注意が必要です。まず、貴金属では、ダイヤモンド以外の色石はほとんどの一部の宝石専門店以外ではあまり査定金額には含まれません。貴金属の査定額は、プラチナや金の純度と重量、ジュエリーブランドの知名度から算出されます。

そのため、プラチナや金以外のシルバーやチタンなどの金属で成り立っているジュエリーやアクセサリーは一部を除いて買取対象から除外されることが多いです。シルバージュエリーも多く扱っているティファニーのような有名ハイジュエリーブランドのものであれば、ブランド買取店でも買取対象になることが多いです。ノーブランドのものの場合は、金やプラチナ以外のジュエリーは対象外になったり査定額が上がらないことが少ないです。イミテーションジュエリーを使うことが多いシャネルのアクセサリーの場合は、シャネルの知名度が高いため、買取対象になりやすいです。

ブランド買取店では、財布や鞄、服などは保存状態やデザインが新しいものほど高値がつき、修理が必要な状態のものは査定額が低くなりやすいです。しかし、貴金属の場合は、片方しかないピアスやチェーンがこわれたネックレスのような修理をしなければ売ることができないものでも使われている素材の金やプラチナの純度が高ければ、高値がつくことも多いです。また、10年以上前の古いデザインのものでも換金できるのが財布や鞄とは大きく違う点です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です